ニュース

    「OKIMOCHI」公開のお知らせ

    株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入 一真/以下、CAMPFIRE)は、Slack上で動作するビットコイン送付bot機能「OKIMOTCHI(オキモチ)」をGitHub上のOSS(オープン・ソース・ソフトウェア)として、2017年8月に公開致しました。

    OKIMOCHIはSlack上での発言に対しスタンプを押すことで、少額のビットコインを送ることのできるツールです。プロジェクトに成功した際や、「掃除をしてくれてありがとう」「美味しいコーヒーを淹れてくれてありがとう」といった日常の感謝の場面で「お礼の言葉と共に少額のお金も贈りたい」との発想から、誕生しました。

    同時に、「ビットコインに触れるきっかけづくり」という役目も担っています。botのガイダンスに従い設定することで、簡単にビットコインのやり取りが可能となります。

    「ビットコインをより多くの方に知っていただき、活用するきっかけになれば」と、開発者の宮本ジョーは話します。

    ▶︎ OKIMOCHI開発者・宮本ジョーのインタビュー

    「OKIMOCHI」試験運用について

    CAMPFIREでは、「OKIMOCHI」の試験運用を社内にて実施し、18日間で200件の「OKIMOCHI」の送付を行いました。
    概要は、下記の通りです。

    • 試験実施期間:2017年7月25日〜2017年8月11日
    • 参加人数:約40名
    • tip数(トランザクション数):200件
    • 1度の送付金額 (botの設定で可変):約30円
    • ビットコインの原資:約60,000円

    「OKIMOCHI」使用方法

    1. 送付の原資となるビットコインを入金(会社の福利厚生資金を入金する形を想定しております)
      ※原資となるビットコインは、利用者に関わらず同じwalletに入金されます
    2. 送付のトリガーとなるスタンプ・コマンドを設定
    3. Slack上でユーザー同士での使用開始
    4. 一定のビットコインが貯まったら、指定した外部のビットコインウォレットへ送金し、引き出し

    ▶︎ OKIMOCHIの詳しい使用方法

    本件に関するお問い合わせ

    ▶︎ OKIMOCHIに関するお問い合わせ