ニュース

    株式会社CAMPFIREと第一勧業信用組合の業務提携に関するお知らせ

    株式会社CAMPFIRE(代表取締役社長 家入一真)と第一勧業信用組合(理事長 新田信行)は、第一勧業信用組合の取引先である中小企業・小規模事業者、創業期にある事業者に対して、株式会社CAMPFIREが提供するクラウドファンディングサービスの活用による販路拡大、マーケット調査等の支援を目的に、ビジネスマッチング契約を締結し業務提携を開始したことをお知らせいたします。
    なお、株式会社CAMPFIREとしては、初めての信用組合との業務提携となります。

    CAMPFIREと第一勧業信用組合の業務提携の形を表したスキーム図

    株式会社CAMPFIREは、国内NO.1の掲載数、PV数を有する購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を2011年より運営しており、これまでに13,000件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は延べ55万人、流通総額は53億円に達しています。
    また、2017年には融資サービス「CAMPFIREレンディング」、フレンドファンディングアプリケーション「polca」をリリースするなど、金融包摂(ファイナンシャルインクルージョン)の取り組みの強化を進めており、地方自治体や地域金融機関との連携の他、地方創生にも注力しております。

    一方、第一勧業信用組合は「地域のふれあいを大切にし、皆さまの幸せに貢献いたします。」を経営理念に掲げ、都内26拠点(22支店・4出張所)において、様々な業種の中小企業・小規模事業者とお取引があります。
    また、近年は創業期にある事業者とのお取引も着実に増加しております。融資などの金融支援に留まらず、仕入・販売等に係る情報提供などのビジネスサポートも展開しております。
    加えて、「志の連携」による地域創生にも積極的に取り組み、これまで全国各地の信用組合等金融機関、自治体、大学等研究機関、各種団体等と連携協定を締結し、現在の連携先は45先となっております。

     今回、お互いが協力することで、中小企業・小規模事業者、創業期にある事業者に対してクラウドファンディングを更に広め、事業の活性化による地域活性化を目指します。
    また、両者で共に力を入れている地方創生事業についても、両者が協力することで、東京からの地方創生事業を更に推進できると考えております。

    株式会社CAMPFIREの内容(平成30年5月末日現在)

    商号:株式会社CAMPFIRE
    所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
    設立:2011年1月14日
    代表取締役社長:家入一真
    事業内容:クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」、フレンドファンディングアプリケーション「polca (ポルカ)」などの企画・開発・運営。

    第一勧業信用組合の内容(平成30年5月末日現在)

    商号:第一勧業信用組合
    所在地:東京都新宿区四谷2-13
    設立:1965年5月10日
    代表取締役社長:新田信行
    事業内容:中小企業・小規模事業者ならびに一般個人のための金融機関