ニュース

    累計15万件ダウンロードの「polca」最短24時間以内の「スピード出金」に対応

    株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:家入一真 )が運営するフレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」が2019年1月17日より最短24時間以内の「スピード出金」に対応いたしました。

    polcaの最短24時間以内のスピード出金に対応したことを表す画像

    累計ダウンロード数15万件超のフレンドファンディングアプリ「polca」

    polcaは友だち(friend)と、資金調達(funding)を合わせ「friendfunding(フレンドファンディング)」と称し、支援金集めを行うアプリです。
    身近な友人や会社の同僚、サークルの仲間、地域のつながりやコミュニティなど、個人と個人が繋がり合う「小さな経済圏」を中心に、気軽にお金を集めたり誰かを支援する仕組みを提供。2017年8月のサービス開始後、2018年12月には約5万件の企画が掲載、累計アプリダウンロード数は15万件超となります。

    最短24時間以内の「スピード出金」について

    アプリ内における「企画者へ支援」と「支援者への返礼」といった「お金を通じて生まれるコミュニケーション」の量・速度の向上を目的に、2019年1月17日より最長10日間を要していた支援金出金は最短24時間以内の「スピード出金」に対応。同時に土日入金にも対応いたしました。
    「明日から友人と旅行に行きたい」「イベントで使用する機材が壊れたから急遽購入したい」といった”突発的”な企画がより実現しやすくなります。

    個人を中心とした、小さく、そしてやさしい世界づくりを目指して

    「お金”で”もっとなめらかに、お金”を”もっとなめらかに」のビジョンの元、2019年内にpolca単体で累計流通額8.5億円到達に向け、機能追加や拡充を実施。2019年6月頃にはユーザーインタフェースの一新を予定しています。今後もお金がコミュニケーションと共に流通する、個人を中心とした、小さく、そしてやさしい世界づくりを目指してまいります。

    株式会社CAMPFIRE について

    CAMPFIREはあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大級のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2018年12月時点)までに18,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ95万人以上、流通金額は95億円に達しました。CAMPFIREは、1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、クラウドファンディングに加え「polca(ポルカ)」「CAMPFIREファンクラブ」「CAMPFIRE Bank(キャンプファイヤーバンク)」などを通じてCAMPFIRE経済圏をつくってまいります。

    名称:株式会社CAMPFIRE
    代表取締役社長:家入 一真
    所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
    設立:2011年1月14日
    資本金:19億4048万円(資本剰余金含む)
    事業内容
    クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」「FAAVO(ファーボ)」「polca」、継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIREファンクラブ」、評価型与信モデル融資「CAMPFIRE Bank」、コミュニティウォレット「Gojo」などの企画・開発・運営。

    株式会社CAMPFIREhttps://campfire.co.jp
    クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」https://camp-fire.jp
    フレンドファンディングアプリ「polca」https://polca.jp/