ニュース

    CAMPFIRE、電通若者研究部と業務提携

    株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役CEO:家入 一真 / 以下、当社)は、若者のアイデアの実現を応援すべく、「電通ワカモンインターンシップ2019」を主催する電通若者研究部(以下、電通ワカモン)と業務提携いたしました。これにより「電通ワカモンインターンシップ2019×CAMPFIRE」として連携サポートを2019年9月2日より開始いたします。

    電通ワカモンとCAMPFIREのロゴが並んだ画像

    「電通ワカモンインターンシップ2019×CAMPFIRE」:
    https://camp-fire.jp/channels/dentsu-wakamon

    「電通ワカモンインターンシップ2019×CAMPFIRE」とは

    本インターンシップは、若者世代が主役となる未来をよりよくするために、若者自身の「ほうっておけないこと」に、若者自身が取り組むインターンシップです。約20名の大学生が、「食への意識」「性教育」「チケットの高額転売問題」「和楽器や和文化離れ」といった、各々の「ほうっておけないこと」の解決に取り組みます。

    当社は、若年層の挑戦を支援する「CAMPFIRE YOUTH」として、解決するアイデアを設計するだけでなく実現させるために、クラウドファンディングを活用した資金調達や顧客開発、プロモーションをサポートいたします。今後、ビジュアルコンテンツを提供する株式会社アマナ、学生コミュニティを運営する株式会社Scoville含む様々な企業と連携し、若者の挑戦を応援してまいります。

    電通ワカモンイメージ画像

    若年層のクラウドファンディングを通じた挑戦を支援する「CAMPFIRE YOUTH」について

    「CAMPFIRE YOUTH」は、クラウドファンディングを活用した10代を中心とした若年層の事業立ち上げやアイデア実現などの挑戦を応援する取り組みです。当社社員によるメンタリングや定期的な勉強会実施に加え、企業やコミュニティとの連携などを通じ、若年層のクラウドファンディングを通じた挑戦を支援する仕組みを提供しております。

    「CAMPFIRE YOUTH」:
    https://campfire-youth.com/

    電通ワカモンについて

    電通ワカモンは、高校生・大学生を中心に10〜20代の若者の実態にとことん迫り、若者と社会がよりよい関係性を築けるようなヒントを探るプランニング&クリエーティブユニット。社会が未来に近づくとき、その先端には若者がいる。電通ワカモンが若者たちと向き合いつづける理由は、そこにあります。いつの世代も上の世代に色々言われながらも、新しい感性や考え方で半歩先の未来を象徴する若者たち。彼らの持つ、しなやかなたくましさの中に、社会が未来に向かうためのヒントが隠されている。若者と社会の間に立ち、双方とフラットに向き合いながら、企業のビジネス創造や日本社会の活性化までも目指します。

    電通ワカモン:
    https://dentsu-wakamon.com



    報道関係者の方からのお問い合わせはこちら
    株式会社CAMPFIRE 広報担当
    https://campfire.co.jp/contact/