ニュース

    継続課金型プラットフォーム「CAMPFIRE Community」、クリエイターの作品が販売できる「Pay Activity」機能をリリース

    株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役CEO:家入 一真 / 以下、当社)が運営する継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community」は、 テキスト・画像・音声データなどを投稿し、ファンと交流しながらコンテンツ販売ができる「Pay Activity(ペイ アクティビティ)」機能を2019年11月5日より導入いたします。

    本機能は従来の継続課金と併用でき、「CAMPFIRE Community」上でコミュニティを開設している全ての方が利用可能です。当社は、あらゆるコミュニティに関わるオーナー・パトロンの活動を後押しすべく、今後も「CAMPFIRE Community」のサービス拡充を進めてまいります。

    payactivity

    「Pay Activity」機能とは

    「Pay Activity」は、クリエイターの創作活動を支援する販売機能です。これまで提供してきた月額の継続課金方式に加え、作品の制作過程や完成した作品のコンテンツ販売も可能となるほか、すでに月額課金登録が完了しているパトロンだけに向けた限定販売など、幅広い用途で活用が可能です。

    例えば、定例会のテキストレポートや配信動画、未発表の楽曲やファンだけに向けたポッドキャストの音声データなど、コミュニティ内外で日々生まれるコンテンツやデジタルデータを販売することができます。

    「Pay Activity」を活用することにより、クリエイターはパトロンからの継続的な資金支援だけでなく、自由に創作活動を続け、あたらしいコンテンツ創出に挑戦することが可能です。また、パトロンはクリエイターとより密なコミュニケーションを楽しむことができます。

    取り扱い可能なデータ形式https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/360035244312
    販売手数料:10%
    ※別途発生する決済手数料および振込手数料は当社が負担いたします。

    本機能提供の背景

    当社は2016年より継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community」を運営しており、現在(2019年11月4日時点)までに1,600件以上のコミュニティが開設され、 支援者数はのべ43万人、 流通総額は13億円に達しました。

    この度の「Pay Activity」機能の導入により、「CAMPFIRE Community」上でのパトロンとのコミュニケーションがより手軽に行えます。「オンラインコミュニティをもっと手軽に運営できたらいいのに」「すでにコミュニティを運営しているけれど、退会者数を減らしたい」といった声に「CAMPFIRE Community」が応えます。

    報道関係者の方からのお問い合わせはこちら

    株式会社CAMPFIRE広報担当
    https://campfire.co.jp/contact/