ニュース

    CAMPFIRE Community、地域のオンライン・コミュニティ拡大推進のためネイティブ株式会社と業務提携

    株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役CEO:家入 一真 / 以下、当社 )運営の継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community」は、地域のオンライン・コミュニティの拡大推進を目的に、ネイティブ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:倉重宜弘、以下 ネイティブ)と、 2020年1月に業務提携契約を締結いたしました。ネイティブが運用する地方移住・関係人口創出のプラットフォーム「Nativ.media(https://nativ.media/)」に専用ページを開設、地域系のオンライン・コミュニティの拡大を推進いたします。

    image1

    事業の概要 〜Nativ.mediaとの地域コミュニティ活性化を目的にした共創事業〜

    当社は2016年より継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community(https://community.camp-fire.jp/)」を運営しており、現在(2020年1月31日時点)までに1,800件以上のコミュニティが開設され、 支援者数はのべ53万人、 流通総額は16億円に達しました。

    今回の業務提携は、日本の各地域の自治体や、地方創生関連事業を手がける事業者、更には地域在住の多くの方に、その認知やメリットを拡大し、活動の核となるコミュニティづくりを支援していくことが目的です。

    ネイティブは「地域を共に創る」というミッションを掲げ、地域の魅力の発掘や発信を担う地域メディアの開発・運用や、地産品を使った商品企画など、地域のマーケティングに関わる事業を各地で行っています。「Nativ.media」では、地方移住・関係人口創出のプラットフォームとして、オリジナル記事の配信や、各自治体の移住促進や関係人口創出に関連する情報発信を支援しています。

    業務提携の背景と目的 〜オンライン・コミュニティ拡大に向けて〜

    昨今、様々な分野で”オンライン・コミュニティ”の活用が進んでいます。これらは、ウェブサービスやSNSを使った会費制のコミュニティで、著名人の私設サロンやタレントのファンコミュニティなど、ここ数年で急速に普及してきました。

    当社でもこのようなテーマのコミュニティが増加している中、更にその開設の機運を高め、各地での活用を広めるべく、地方創生に関心の高いユーザーが年間約15万人以上訪れているNativ.mediaとのコラボレーションを実施する運びとなりました。

    image2

    掲載URL:https://nativ.media/community/

    Nativ.media上での掲載条件について

    1. 継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community(https://community.camp-fire.jp/)」上で開設されているコミュニティ
    2. 掲載カテゴリー「まちづくり・地域活性化」、または当社が認めたものに限る​

    今後の展開

    当社とネイティブは、本提携を通じて両社のシナジーを最大化するため、互いのノウハウやこれまでの経験を共有しながら、コミュニティ開設を検討する自治体や事業者へのアプローチや、開設したコミュニティへの集客支援を目的にした様々な事業展開を図ってまいります。

    本件に関する報道関係者からのお問合せ先

    株式会社CAMPFIRE広報担当
    https://campfire.co.jp/contact/