News

ニュース

2020年04月16日プレスリリース

「CAMPFIRE パートナーシッププログラム」開始、提携パートナー公募も本日より開始

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入 一真 / 以下、当社 )運営のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、クラウドファンディング起案者の拡大とサポート体制強化を目的に「CAMPFIRE パートナーシッププログラム」を開始、また、本プログラムに参画いただける提携パートナー公募も本日より開始いたします。

「CAMPFIRE パートナーシッププログラム」提携パートナー申込はこちら https://form.run/@campfire-partner

im1

「CAMPFIRE パートナーシッププログラム」は、「CAMPFIRE」への掲載プロジェクトの紹介・キュレーション(プロジェクトの進行サポート)を、提携パートナーと伴走しプロジェクトオーナー(起案者)のクラウドファンディングをサポートする制度です。また、プロジェクト紹介・キュレーションを担当する提携パートナーに対しては、プロジェクト手数料から報酬を分配します。

クラウドファンディング市場の成長と共に、ガジェット・プロダクトに関連する輸入代理やEC事業者の参入、広告代理店等などマーケティング施策としての活用、また、メーカー、メディア、自治体、金融機関、NPO、ソーシャルセクターなどの多くの顧客を持つ法人・団体が、クラウドファンディングを顧客の課題解決手段の1つとして活用いただく機会が増えてまいりました。

また、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う急速な事業環境の変化によって、これまで以上にクラウドファンディングの資金調達手段としての需要が大きく増加、当社内に留まらず社外のパートナーとも連携し、サポート体制の強化が急務となったことも重なり、本プログラムの開始に至りました。

今後も当社は提携パートナーとの連携強化をはじめ、様々なジャンル、セクターで活躍される方々と、手を取り合って共に乗り越えていくためにも、今後増加が見込まれるプロジェクト起案者のサポート体制を拡充し、クラウドファンディングに挑戦する方々にとって安心して資金調達に挑戦できる環境を整えてまいります。

「CAMPFIRE パートナーシッププログラム」概要

当社はこれまでも様々な企業とパートナーシップを組み、数多くのプロジェクト起案者を支援してまいりました。この度、「CAMPFIRE パートナーシッププログラム」として正式開始、「案件紹介パートナー」と「キュレーションパートナー」の2つの構成で、各紹介プロジェクトに対し、支援総額のうち事前に決められたパーセンテージ(レベニューシェア)を報酬として受け取りが可能となります。

※契約締結には別途審査がございます。   

パートナー種別

1)案件紹介パートナー
内容:契約サービスに対し、プロジェクトの「紹介」を行う。 報酬:プロジェクト支援総額のCAMPFIRE手数料12%のうち、2%をお支払い

2)キュレーションパートナー
内容:契約サービスに対し、プロジェクトの「紹介」および「キュレーション(プロジェクト進行サポート)」を行う。キュレーションにあたり、パートナー専用の管理画面を付与する。 報酬:プロジェクト支援総額のCAMPFIRE手数料12%のうち、5%をお支払い

契約対象サービス名

CAMPFIRE、3rdTable、CLOSS、BOOSTER、GoodMorning
※その他サービスで契約希望の場合は要相談

「CAMPFIRE パートナーシッププログラム」提携パートナー申込はこちら

https://form.run/@campfire-partner

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社CAMPFIRE広報担当
https://campfire.co.jp/contact/