News

ニュース

2020年05月01日プレスリリース

CAMPFIRE Community、生産者・飲食店舗などへの支援を強化ファンコミュニティの形成で継続的な資金調達を後押し

株式会社CAMPFIRE( 本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入 一真 )運営の継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community(キャンプファイヤーコミュニティ)」は、新型コロナウイルス感染症の長期化に伴い、影響を受けている生産者・飲食店・宿泊業を営む個人・中小事業者様を対象に「新型コロナウイルス被害 継続サポートプログラム」を開始いたします。

本プログラムは、これから資金調達に挑戦される方だけでなく、既に提供開始しているCAMPFIREの「新型コロナウイルスサポートプログラム」を通じて「フード・飲食店」または「まちづくり・地域活性化」カテゴリーにてプロジェクトを掲載している事業者様も対象となり、適用となったプロジェクトは、2020年12月31日まで毎月のサービス手数料が通常5%のところ0%となり、決済手数料5%のみで実施可能となります。

また、継続的な資金調達を早期に開始されたい方向けに「プロジェクトページ作成プラン」(※)を用意。希望者のプロジェクト掲載開始までの全てのコンテンツ制作を「CAMPFIRE Community」にて代行いたします。尚、本プログラム適用にあたっては別途審査がある旨、ご了承いただけますようお願い申し上げます。 ※「プロジェクトページ作成プラン」適用プロジェクトは、手数料10%(決済手数料5%込)となります。

im1

緊急事態宣言延長の検討など、コロナ禍の長期化が予想され、店舗を構える事業者様は来店促進が難しい状況が続いています。継続課金(サブスクリプション型)モデルで支援を募ることができる「CAMPFIRE Community」を通じて、来店せずともオンラインを通じて店舗のファンとつながり、中長期で支え合うための更なる支援策を提供すべく、本プログラム実施に至りました。

飲食店や宿泊業などオフライン経由の収益が主だった事業者のオンラインを通じた収益化を確立するための一助となることを目指します。

「新型コロナウイルス被害 継続サポートプログラム」適用条件・内容

2020年5月1日(金) から2020年12月25日(金)PM23:59:59までにプロジェクトページ作成後の初回申請を行い、2020年12月31日(金)までに公開した「フード・飲食店」「まちづくり・地域活性化」カテゴリーのコミュニティ方式のプロジェクトについては、サービス手数料が通常5%のところ0%となり、決済手数料5%のみで実施が可能となります。

※本プログラム適用にあたっては別途審査がございます
※2020年12月31日(木)に公開されたプロジェクトは、初月のみ手数料5%にて実施可能となります

適用資格

  • 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、生産者や飲食店舗・宿泊施設など、経営・生産に大幅な支障をきたした「フード・飲食店」または「まちづくり・地域活性化」カテゴリーの事業者であること(※第三者による応援プロジェクト、現在公開中のプロジェクトは対象外とします)
  • 収益の損失などが発生していること
  • 上記が客観的に証明できる情報が提出可能であること

※提出が必要と判断した方はCAMPFIREからご連絡いたします

  • プロジェクト内容が公序良俗に反さないこと

対象サービス

  • CAMPFIRE Community

※本プログラム適用対象外サービス:CAMPFIRE、GoodMorning、3rdTable、CLOSS、FAAVO、BOOSTER、machi-ya、polca、CAMPFIREふるさと納税、EXODUS、CAMPFIRE Creation、海外事業者様の一部プロジェクト

「プロジェクトページ作成プラン」について 

早期に「CAMPFIRE Community」にてプロジェクト開始を希望される方向けに「プロジェクトページ作成プラン」をご用意しました。プロジェクト掲載開始に至るまでのすべてのコンテンツ制作を「CAMPFIRE Community」にて代行いたします。

申し込みフォーム:https://form.run/@page-support-plan

プロジェクトページ作成プランの流れ

申し込みフォームより応募 *1
CAMPFIRE Communityにて希望者の申し込み内容を確認し、ヒアリングを開始
CAMPFIRE Communityにてプロジェクトページを作成
プロジェクトページ完成後、プロジェクトを開始

※1:プランが適用されたプロジェクトは手数料が10%(決済手数料5%込)となります。

ゴールデンウィークの営業日について

休業日:2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)

※2020年5月7日(木) 10:00より平常通り営業いたします。2020年5月1日(金) 15:00以降にいただいたプロジェクトの審査、ご連絡、お問い合わせ等につきましては2020年5月7日(木) 10:00以降、順次行ってまいります。通常よりお時間をいただく場合がございますことを予めご了承ください。

プロジェクト作成・各種相談はこちら

https://community.camp-fire.jp/readyfor

CAMPFIRE代表 家入 一真より

im2

コロナ禍により、今あらゆる方、あらゆる産業が困難を強いられています。
私たちCAMPFIREは、クラウドファンディングを通じて、アーティスト、イベント事業者、飲食店舗、宿泊施設、生産者をはじめとした、日本各地の各事業者様を支援させていただいてます。

クラウドファンディングとは、お客さんをファンへと変え、そしてソーシャルを通じてファン同士が可視化され、繋がり、新しいコミュニティを形成する仕組みだと私たちは考えます。

クラウドファンディングが終わったあとも、その熱量を、その繋がりを、継続してほしい。そう言った思いから、私たちは月額課金型のファンコミュニティを簡単に作ることができる「CAMPFIREコミュニティ」を立ち上げました。

ウィズ・アフターコロナ時代の飲食店や生産者がどうあるべきなのか。私たちは考えます。それはきっと、サービスや商品を提供するだけではなく、お客さんとの新しい関係づくりに、ファンコミュニティづくりに、ヒントがあるのではないでしょうか。

個人がすべてを抱えこまず、周りで支えてくれる支援者とともに歩む。
そして様々なコミュニティに属することで、コミュニティとコミュニティを繋いでいく。

これからも私たちは、「小さな経済」の大きなパワーを信じ、日本中の個人や中小事業者さんの、小さな経済圏づくりをサポートしていきます。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社CAMPFIRE広報担当
https://campfire.co.jp/contact/