ニュース

    CAMPFIRE、渋谷区と「地域経済活性化と文化振興に関する協定」を締結

    国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入 一真/ 以下、当社 )は、渋谷区(区長:長谷部 健)と「地域経済活性化と文化振興に関する協定」を締結いたしました。第一弾の取り組みとして2020年7月22日より渋谷区主体のプロジェクト「YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング」の実施が決定いたしました。

    im1

    渋谷区との協定について

    CAMPFIREはこれまで100を超える自治体・地銀・商工会議所をはじめとした、地域事業を展開する民間企業等と提携してまいりました。また「CAMPFIRE」における「まちづくり・地域活性」カテゴリーのプロジェクト数は4,200件、支援総額は31億円、延べ支援者数28万人となり、様々な個人・団体の地域に根付いた挑戦に寄り添い、サポートしてまいりました。

    渋谷区は平成28年10月に「渋谷区基本構想」内で新たに策定した「ちがいを ちからに 変える街。 渋谷区」という未来像を実現すべく、渋谷に集う多様な人々のアイデアや才能を領域を越えて収集し、オープンイノベーションにより社会的課題の解決策をデザインする産官学民連携を進め社会全体の持続的な発展を目指しています。今回の協定を皮切りに、これらの解決策の一助となるべくクラウドファンディングを通じたサポートをいたします。

    「渋谷区基本構想」について
    https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kusei/shisaku/koso/index.html

    今後も先日発表した鹿児島県、群馬県安中市との協定をはじめ、各自治体との連携を通じて各地域の資金調達ニーズに応える手段の一つとしてクラウドファンディングの利用普及を推進し、様々なセクターとの連携を強化してまいります。

    「YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング」について

    渋谷区、渋谷区商店会連合会、一般財団法人渋谷区観光協会、一般社団法人渋谷未来デザインから構成される実行委員会によって、クラウドファンディングを行います。今回のプロジェクト実施にあたり、当社と一般社団法人渋谷未来デザインと包括的業務提携を締結しました。

    目的

    ウィズコロナ、アフターコロナの時代に、渋谷区の街の“抗力”を高め、安全、安心な街づくりと、渋谷の文化を牽引してきた業界(エンターテイメント、ファッション、飲食、理美容など)事業者が、文化・経済活動を取り戻せる環境をつくることを目的に実施します。

    実施期間

    2020年7月22日(水)~9月6日(日)

    資金使途

    1. 渋谷区内の事業者・店舗支援 
    2. エンターテイメント産業・アーティストを支援
    3. ファッション産業を支援

    報道関係者からのお問い合わせ先

    https://campfire.co.jp/contact/