News

ニュース

2020年12月04日プレスリリース

株式会社CAMPFIRE、総額40億円超の資金調達を実施 「金融包摂」実現に向けてクラウドファンディング利用者拡大と事業基盤の強化

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入 一真 )は、シリーズDラウンドで約6億円、シリーズEラウンドで約30億円、合わせて約36億円の第三者割当増資、及び6億円を上限とするコミットメントライン契約締結による融資枠を確保し、合計40億円超の資金調達を実施する旨をお知らせいたします。尚、これまでの投資ラウンド累計は76.5億円となります。

シリーズEラウンドのリード投資家はMinerva Growth Partners LLPが務め、既存投資家に加えて新たにBASE株式会社(代表取締役:鶴岡 裕太)、株式会社丸井グループ(代表取締役社長:青井 浩 )を迎えます。また、株式会社みずほ銀行(取締役頭取:藤原 弘治)と6億円を上限とするコミットメントライン契約を締結いたしました。

ogp

今回調達した資金を活用し、国内最大の購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」を中心に、当社グループ会社運営の2019年9月開始の融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」、2020年8月開始の株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」の更なる利用者拡大に向けて事業基盤強化等に取り組んでまいります。

コロナウイルス感染拡大の影響によって事業者のサービス利用が急増、購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」は流通額は2019年70億円から2020年200億円(予測値含む)、掲載数は2019年8,900件から2020年14,500件(予測値含む)とサービス利用者は急拡大しました。今後も起案者(事業者)・支援者双方に向けて更なる利用普及を図り、一円でも多く事業者のお金が行き渡るよう、フィナンシャルインクルージョン(金融包摂)の実現に向け邁進してまいります。

シリーズEラウンド リードインベスター Minerva Growth Partners LLP コメント

Minerva Growth PartnersはCAMPFIREのミッション「資金調達の民主化」に賛同し、その新たな調達手法として高い成長が見込まれるクラウドファンディング市場のリーダーである当社に出資できることを嬉しく思います。今回調達の成長資金により更なるプラットフォーム拡大を目指す当社のパートナーとして伴走して参る所存です。弊社はCAMPFIREの事業成長のみならず、それに伴う中長期的な資本のグローバル化にも貢献して参りたいと考えています。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社CAMPFIRE広報担当
https://campfire.co.jp/contact/