News

ニュース

2021年03月17日プレスリリース

CAMPFIRE Community、公式アプリ作成サービス「Appify」を本格提供開始、
コミュニティオーナー向けの導入説明会を4月に開催

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入 一真 / 以下、CAMPFIRE)運営の継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community」は、株式会社Appify Technologies(本社:東京都港区、代表取締役:福田 涼介)が提供する公式アプリが作成できる「Appify(アッピファイ/ 以下、Appify)」をコミュニティオーナー向けに本格提供を開始いたしました。また、導入を検討をされている方、およびコミュニティを開設中の方向けのAppify導入説明会を2021年4月7日(水)に開催します。

ogp

本格提供の背景

CAMPFIREは2016年より継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community」を運営、現在(2021年3月1日時点)までに3,800件以上のコミュニティが開設され、 支援者数は延べ132万人、 流通総額は36億円に達しました。

2020年、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、店舗を構える事業者や資金調達手段として継続課金(サブスクリプション型)モデルで支援を募ることができる「CAMPFIRE Community」の開設も増加。今後もさらにオンラインコミュニティの需要は拡大していくと予想されます。

2020年8月に連携を発表した「Appify」は、コミュニティオーナー自身でアプリを作成するコストが無く、気軽にコミュニティ専用の公式アプリが提供できるサービスです。連携開始以降、コミュニティオーナーの皆様からの登録も受け付けており、オンラインコミュニティ需要の拡大とともに「Appifyを活用してより綿密に参加者とコミュニケーションをとりたい」「自分だけのコミュニティアプリを運営したい」といった声が多く届きはじめ、この度の本格提供の開始と導入説明会の開催と至りました。

<2020年8月以降に提供された機能>

・公式アプリ申請フローがより簡単に:これまではLINE@を使用しアプリ申請を行っていましたが、管理画面+チャネルトークで完結できるようになりました。ほとんどの方がアプリ申請は初めてで難易度が高い作業が、この変更により簡単にスムーズに行えるようになりました。
・アプリ情報の入力が管理画面上で可能に:アプリ登録に必要な「タイトル」や「説明文」の入力がすべてAppify上で完結。アプリアイコン及びアプリの起動画面も登録が可能になりました。
・プッシュ通知の作成:プッシュ通知のメッセージの登録をはじめ、配信日・配信日時の設定を管理画面で登録することが可能になりました。また配信履歴も一覧でチェックすることができます。
※本機能はAppifyと連携したすべてのCAMPFIREコミュニティオーナーが利用することができます。

「Appify」導入説明会 概要

image

「公式アプリの作成手順がわからない」「メンバーとの交流に悩んでいて、効果的な運用方法を知りたい」などの方に向け、Appifyのご登録手順のポイント、効果的な情報発信の方法など、実際のデモ画面を使ってお話しいたします。

・タイトル:【導入検討者向け】”公式アプリ作成サービス Appify”とCAMPFIRE Communityの活用
・日時:4月7日(水)14時00分~15時30分
・お申し込み締め切り:4月6日(火) 23時59分
・お申し込みはこちら:https://form.run/@campfire-appify-event

導入説明会詳細

14:00〜14:30 CAMPFIRE Communityサービスの概要
14:30〜15:15 ”公式アプリ作成サービス Appify”の導入説明と運用方法について(デモ画面)
15:15〜15:30 質疑応答

今後導入予定のコミュニティ

・キヨ地下
・Community Diver #ダイバーラジオ
など

注意事項

オンラインセミナーはZoomを使用いたします。事前にZoomをご利用のパソコンにインストールしてください。
※ 無料で利用できるビデオ会議システムです。インターネット環境があればどこからでも視聴可能です。
※ 視聴方法はお申し込み後説明会開催前までにご案内いたします。
※ スマートフォン/タブレットでご覧頂く場合はアプリが必要になります。予めこちらからインストールをお願いします。
iPhone、iPadをご利用の方:https://apps.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307
Andoridをご利用の方:https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings&hl=ja

「Appify」サービス 概要

「Appify」は月額1万円未満のサブスクリプション型でアプリをかんたんにノーコードで作成できるサービスです。コロナ禍で需要が拡大するBASEや日本での導入が加速しているShopify、サブスクリプション型モデルで支援を募ることができるCAMPFIRE Communityといったプラットフォームと連携し、様々なネイティブアプリの作成を可能にしています。自身でアプリを作成する場合、専門的な知識と数ヶ月の時間がかかってしまい、アプリを気軽に提供することができませんでした。しかしCAMPFIRE Communityの場合、「Appify」を使うことで、月額5,000円(税込)、最短2週間でコミュニティ専用の公式アプリの提供をはじめることができます。

CAMPFIRE Community x Appifyでできること

・CAMPFIRE Communityで集客・アプリで顧客のリピーター化
・イベントの公開や活動報告をプッシュ通知で配信
・最短2週間で公式アプリの作成・提供
(※)アプリをAppStoreに公開するためには、Apple Developer Program(年額11,800円)へのご登録が必要となります。

申込方法

コミュニティオーナーのダッシュボード「サポートサービスページ」から申込が可能

対象サービス

CAMPFIRE Community、マンスリーサポーター(GoodMorning)
※本プログラム適用対象外サービス:CAMPFIRE、GoodMorning、3rdTable、CLOSS、FAAVO、BOOSTER、machi-ya、polca、CAMPFIREふるさと納税、EXODUS、CAMPFIRE Creation、海外事業者様の一部プロジェクト

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社CAMPFIRE広報担当
https://campfire.co.jp/contact/