News

ニュース

2021年07月06日プレスリリース

クラウドファンディング「CAMPFIRE」、「BASE」アカウントを利用して簡易ログインが可能に。「BASE Apps」にて新機能「CAMPFIRE連携 App」を提供開始

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:家入 一真 / 以下、CAMPFIRE)が運営する国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」は、BASE株式会社(所在地:東京都港区 / 代表取締役CEO:鶴岡 裕太 / 以下、BASE)が運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」とアカウント情報を連携し、「BASE」アカウントから「CAMPFIRE」アカウントへ簡易ログインが可能となる新機能「CAMPFIRE連携 App」を「BASE」の拡張機能「BASE Apps」にて提供開始いたしました。

これにより「BASE」を利用されているショップオーナーは、「CAMPFIRE」にて再度登録手続きをせず、既存のアカウントを使ってクラウドファンディングプロジェクトを作成することが可能となります。

ogp

「CAMPFIRE連携 App」とは ネットショップ作成サービス「BASE」加盟店を対象に提供する拡張機能「BASE Apps」の新機能で、「BASE」と「CAMPFIRE」のアカウント情報を連携できます。アカウント情報を連携することで、「BASE」加盟店は、「CAMPFIRE」の新規登録の際に生じる情報入力の手間を省き、簡単にクラウドファンディングのプロジェクトを作成して公開することが可能です。

今後、アカウント連携を活かし、「BASE」加盟店の商品情報等を「CAMPFIRE」のプロジェクトページ上に露出させることができる機能の追加などを予定しています。

BASE Apps:https://apps.thebase.in

「CAMPFIRE連携 App」提供開始の経緯

CAMPFIREとBASEは、両社の顧客に提供する価値の最大化を目的に、2020年11月13日に資本業務提携の締結を発表し、サービスの垣根を超えてシームレスに相互利用できる体制構築や機能開発を両社で進めてまいりました。

「BASE」を利用している個人やスモールチームは、既存の金融機関等の利用が難しく資金調達の手段が限られています。クラウドファンディングは、既存の顧客(ファン)向けに限らず、新規の顧客(ファン)の獲得も見越しており、資金調達、集客・販促、Eコマースを通じた継続的な販売活動の循環の構築が可能です。まずは「BASE」加盟店が「CAMPFIRE」でクラウドファンディングを実施するハードルを下げ、多くの「BASE」加盟店が新商品開発やイベント開催など、新たな挑戦ができるよう機能面でサポートしたいと考え、本機能の提供開始にいたりました。

「CAMPFIRE連携 App」機能概要

提供開始日: 2021年7月6日(火)
U R L: https://apps.thebase.in/detail/123
対   象: 「BASE」加盟店

共同セミナーの開催について

本機能の利用方法やネットショップオーナーにおすすめのクラウドファンディング活用方法、実際の利用者事例などを紹介する共同セミナーを開催します。
第一弾として、7月はネット販売時の両社サービスの活用法。8月にはアクセサリー、生鮮食品(精肉)でのクラウドファンディング、ネットショップ利用経験のある事業者様をゲストに迎えたセミナーを予定しております。

①【初心者向け】クラウドファンディングとネットショップ運営のコツ<概要編>

開催日時:2021年7月16日(金)17:30〜18:30
申し込みフォーム:https://lp.camp-fire.jp/webinar20210716-1.html

②【初心者向け】クラウドファンディングとネットショップ運営のコツ<事例編>

開催日時:2021年8月25日(水)15:00〜16:00
申し込みフォーム:https://lp.camp-fire.jp/webinar20210825.html

「CAMPFIRE」と「BASE」は今後も、連携を通じて両サービスのオーナーに提供する価値の最大化に取り組んでまいります。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社CAMPFIRE広報担当
https://campfire.co.jp/contact/