News

ニュース

2021年10月04日プレスリリース

CAMPFIRE、北海道大樹町、SPACE COTAN株式会社とパートナーシップ協定を締結。「宇宙版シリコンバレー」実現に向けて、クラウドファンディングパートナーとして参画

株式会社CAMPFIRE( 本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:家入一真 / 以下、CAMPFIRE )は、アジア初の民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」を推進する北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)、およびSPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)と、クラウドファンディングを活用した地域づくりと宇宙のまちづくりを目的としたパートナーシップ協定を締結いたしました。

これにより、航空宇宙関連事業や地域に根付いた取り組みを行う事業者等に対して、クラウドファンディングを活用したテストマーケティング・PR・資金調達をサポートしてまいります。本協定の第一弾プロジェクトとして、10月4日(月)からHOSPOをともに作る仲間を募集するクラウドファンディングプロジェクトを開始いたします。

HOSPOは、世界中のロケット打上げ事業者をはじめ、宇宙産業に携わるすべての方が利用できる、アジア初の民間にひらかれた宇宙港(ロケットやスペースプレーンを打ち上げるための、射場や滑走路などの複合施設)として2021年4月に本格稼働しました。東にも南にもロケット打ち上げ可能な立地性、晴天率の高さ、空港や港からの良好なアクセスなどを活かして、アジアの宇宙開発拠点を目指し、さらなる人工衛星用ロケットの射場整備・滑走路の拡充を進めています。

HOSPOではすでに、1000m滑走路や、観測ロケット打上げのためのロケット射場(Launch Complex-0)が整備され、民間ロケットの打上げやJAXA、大学等の航空宇宙実験が行われいてます。また、2023年には人工衛星ロケット用の射場Launch Complex-1(LC-1)の新設や宇宙旅行等のためのスペースプレーン(宇宙船)の実験のために滑走路を300m延伸を計画しています。

CAMPFIREは2011年より、幅広いジャンルや規模の取り組みのクラウドファンディングパートナーとして、資金調達のみならず、テストマーケティングやPR、さらにはプロジェクトに一緒に取り組む仲間集めに伴走してまいりました。

この度、個人の方でも本プロジェクトに参加したい、応援したいという声を受け、より多くの方に宇宙開発に参加いただくべく、クラウドファンディングを活用して協力者を呼びかける本プロジェクトの実施に至りました。

HOSPOをともに作る仲間募集のクラウドファンディング

北海道スペースポートを核として航空宇宙関連事業者が集積する「宇宙版シリコンバレー」ができることで、日本は宇宙産業で世界を牽引する存在になることが期待されます。ロケットや宇宙船が当たり前に打ち上がる未来は、誰もが宇宙を使える、楽しむことが当たり前になる未来です。本プロジェクトでは、そんな未来を一緒につくる「HOSPO LC-1クルー」を募集します。リターンには、本プロジェクト限定となる「LC-1クルー会員証」などをご用意しています。

【北海道スペースポート】HOSPO LC-1クルーとして共に宇宙を目指そう!

期間:2021年10月4日(月)〜2021年11月30日(火)
目標金額:1000万円
プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/497352

今後もCAMPFIREはHOSPOと連携し、クラウドファンディングを通して北海道大樹町のまちづくり、および「宇宙版シリコンバレー」の実現を後押しすべく、様々な施策を検討・実施してまいります。

北海道スペースポートとは

HOSPOは、 2021年4月に北海道大樹町にて、アジア初の民間にひらかれた宇宙港として本格稼働しました。 「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」というビジョン実現に向けて、ロケットおよび宇宙旅行等を目的とした宇宙船(スペースプレーン)の射場・実験場を整備し、打上げ支援業務を行います。HOSPOは世界の宇宙ビジネスを支えるインフラとして、航空宇宙の研究開発〜ビジネスのサポートならびに地方創生を含むビジネス機会を提供します。2025年前までに2つの人工衛星用ロケット射場整備の資金を集めており、その資金確保にふるさと納税(企業版・個人版)や寄付の仕組みを活用しております。*1

北海道スペースポートWebsite:https://hokkaidospaceport.com

*1:大樹町では地域再生計画「大樹町発!航空宇宙産業集積による地域創生推進計画」のなかで企業版ふるさと納税の用途として、スペースポートの施設整備を盛り込み、2020年3月に内閣府の認定を得ている。

SPACE COTAN株式会社とは

社 名 : SPACE COTAN株式会社
所在地 : 北海道広尾郡大樹町字芽武183
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 小田切 義憲
事業内容:大樹町からの委任に基づくHOSPOのプロジェクト推進業務全般(北海道スペースポートの管理運営、整備資金調達支援、射場の設計、国の認定取得、国内外の顧客開拓、PR活動等)、宇宙産業促進に向けた自主事業等
北海道スペースポート:http://hokkaidospaceport.com/

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社CAMPFIRE広報担当
https://campfire.co.jp/contact/